入試の勢いそのまま! 初芝立命館中学校 学校説明会 その2

初芝立命館では、来年度の入試から、コースの改編が実施されます。
これまで、「アドバンスト立命館」「立命館」「セレクトアカデメイア」の3コースだったのですが、これを大学受験型の「アドバンストコース」と、大学推薦型の「立命館コース」に大きく2分類。さらに、アドバンストコースは、立命館への推薦資格ありで外部受験が可能な、難関国立大・医歯薬獣医系大学進学を目標とする「アドバンストα(Aα)」と、国公立・難関私大への進学を目指す「アドバンストβ(Aβ)」に分化し、合計3コース体制となります。
実際は、これまでのセレクトアカデメイアをアドバンストβに持ってきた格好ですが、イメージは、セレクトアカデメイアを廃止し、アドバンストを分割したように見えます。ここから先は、「市場の評価」で、受験生がどのように判断するかということですが、おそらく後者のイメージで、自ずとレベルアップするのではないでしょうか。

初芝立命館は、こういった動向を知らせることができる、確固たる方向性を、しっかりと持っておられるようです。説明会の中では、さらに3年後の改革(英語学習にからむ改革のようです)も匂わせておられました。
これからも注目が必要な学校です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です