【予習シリーズ下巻初めて】今週は組み分けテスト!【とある私立中最上位クラスの話】

今週は予習シリーズ下巻に入って初めての組み分けテストがあるため、パワーアップジムです。

初日は昨年の過去問を解きました。答え合わせをして、各自やり直しをします。

image

それぞれ得意と苦手、また学力も違うので課題はその子によって違います。得点アップのために必要な演習をパワーアップジムで行います。中学受験は親の伴走が不可欠で、学習の進捗管理も保護者の方が担当される場合が多いです。ここで大事なのはどの程度「手と口をだすか」です。程よい管理はもちろん必要なのですが、管理しすぎた結果受験生自身が「自分で自分のことが把握できない」状況に陥る危険性があります。自分で課題を見つけ、克服する努力をする力というのは中学入学後にも必要になってきます。これを中学受験の間に身につけることができたらいうことないですよね。最初は何をやったらいいのかわからないという様子だった子も、慣れていくうちに「○○のプリントをください」と自分から声掛けしてくれるようになります。学力を伸ばすことも大切ですが、このような力も中学受験を通して身につけていってほしいと思っています。

この間、私学の中学生の生徒さんから聞いた話です。その学校では成績最上位のクラスだけ課題提出がないそうです。理由は、提出を義務化しなくてもしなくて困るのは自分ということを皆わかっている生徒たちなので、わざわざ義務化する必要がないからだそう。実際、生徒たちは皆勝手に勉強しているそうです。この話を教えてくれた生徒さんもその1人で、どんどん自分で勉強を進めて毎週質問を持ってきてくれます。実は航路開拓舎もこのスタイルです。勉強は自分のためのもの、人にやらされているうちは勉強にはなりません。

さあ、今日もパワーアップジム頑張りましょう!

全国統一小学生テスト・お申し込み受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です