入試の勢いそのまま! 初芝立命館中学校 学校説明会 その1

年間、何件かの、私立中高の説明会に参加させていただきますが、その内容は様々です。 せっかくの機会を、保護者説明会の内容そのまま?と思われる説明会が一定数ある一方で、「塾対象」ということをしっかり受け止めて、内容を組み立てておられる説明会もあります。 昨日、開催された初芝立命館の説明会は、明らかに後者。
今春の中学入試の勢いそのままに、先生方のお話も、公開していただいた資料も、参考になるものばかりでした。
初芝立命館中学校は、近3年間で、志望者を大きく増やしています。

年度2018201920202021
志望者257386416544
前年比+1+129+30+128
増加割合100.4%150.2%107.8%130.8%

これは、系列他校の状況など、外部の要因もあると思いますが、何よりも学校自身の改革によるところが大きいでしょう。
そのうちの一つが、立命館コースの存在。今年も在籍者のほとんどが、立命館大学へ、しかも、第一希望の学部へ進学されているとのこと。学校側は「実質、希望者全員進学」を達成していると謳っておられます。
こういった、「大学附属」的な、安定感のある進学実績が大きな魅力となっています。実際、中学受験での初芝立命館との併願校には、同志社香里関大一中関大北陽近大附属などが、上位に名を連ねています。「附属」系の学校を考えている方が選ぶ学校になってきているわけです。
さらに今春の併願校のデータには、明星帝塚山学院泉ヶ丘開明なども名を連ね、受験者全体のレベルが上ってきていることもうかがえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です